トップ画像

3年生人権学習(部落問題学習) 1月16日(水)

2019.01.28 17:11:06

 人権学習の一環で、部落問題学習を行いました。映画「ある精肉店のはなし」を視聴した後、北出精肉店の北出新司さんにご講演をしていただきました。講演では、そこに携わる仕事が、昔から被差別部落と深い関わりをもってきた歴史と、そのために、いわれなき差別や偏見がこの社会にまだまだ根深く残っている事実を学びました。また、それとともに他の生物「いのち」をいただいて生きていることへの感謝の気持ちを知ることができました。生徒からは「自ら人権問題を調べたり、差別のない平和な世界をつくるために、自分には何ができるか常に考えることが必要なのではないかと思う」との感想がありました。

 

ようこそ土生中学校のページへ
 土生中学校の校訓『知・徳・体・愛・和』を基本理念とし、教育目標『心と体、自分で鍛える生徒の育成』を基盤に教育活動を続けます。生徒一人ひとりが日々の学習活動をはじめ、様々な行事や部活動等あらゆる場において、活躍できる場面を設定します。 夢や希望を持ち、自らの人生を主体的に切り拓いていく生徒づくりを目指します。さらに、家庭や地域の方々と協働して、生徒一人ひとりが輝くために必要な力を身につける学習環境をつくり、地域から信頼される学校を目指します。
                      校長 佐々木 隆