3年生人権学習(部落問題学習)1月20日(月)

2020.01.28 10:32:29

 3年生は、12月から人権学習として部落問題について考えてきました。先日、北出精肉店の北出新司さんに来ていただき、映画「ある精肉店のはなし」の視聴の後、ご講演をしていただきました。講演では、いのちをいただいて生きていること、いのちはつながっていることを北出さんの力強い言葉と共に北出さんの仕事を通して学びました。またその仕事が、昔から被差別部落と深い関わりをもってきた歴史と、仕事に対するいわれなき差別や偏見が、社会にまだ残っている事実を知りました。子どもからは、「いのちをいただくということは、それに関係するたくさんの人が携わって、初めて私たちの食べ物として届いていることに感謝し、それを踏まえて日々どう過ごすかが大事だなというふうに思いました。」との感想がありました。